ファスナー交換の方法

バッグを使用していてファスナーが壊れてしまうと、中身が丸見えになったり、中に入っている荷物が落ちてしまったりと、とても不便になります。ファスナーの修理を自分で行おうとして余計に悪化させたり、他の部分まで傷めてしまう恐れもあるので、業者に依頼するのが賢明です。ここでは、業者でのファスナーの交換方法についてご説明します。

一度壊れてしまったファスナーは、それ自体を直すのではなく、通常は、新しいファスナーと交換します。壊れてしまったファスナーを糸を解いて取り外し、バッグに合うデザインのファスナーを選びます。選んだファスナーを、元の位置からずれないように丁寧に貼り合わせていきます。一度貼り付ける事で、ファスナー位置がずれる事が無く、隙間も出来ない為、機能性が保たれます。また、見た目にも綺麗に仕上がります。貼り合わせたファスナーを取り付ける際は、、元の糸が通っていた針穴からずれてしまわないように十分気を付けます。もしずれてしまうと、デザインが変わってしまう為、縫い合わせる前に、表側と裏側の針穴を合わせ、固定します。最後に、バッグ専用のミシンで縫い合わせたら完成です。

ファスナーにもナイロンファスナー、ビスロンファスナー、メタルファスナーなど様々な種類があります。バッグ修理の専門業者であれば、どのファスナーであっても対応可能です。