バッグ修理について

バッグは、ほとんどの人が1つは持っている、アイテムではないでしょうか。おしゃれの為に持ったり、荷物を運ぶために持ったりと、用途は様々ですが、無くてはならないアイテムの1つです。長年愛用していると劣化し、壊れてしまう場合もあります。長年愛用していると、当然愛着が沸きますし、高価なものだとなかなか処分出来ません。しかしバッグを直すには職人技が必要となるので、素人が直すのは無理な場合があります。ここでは、バッグ修理についてご説明します。

バッグの修理は主に、切れてしまったり、汚れてしまった持ち手の交換、傷や色落ち、機能しなくなってしまった金具の交換、壊れてしまらなくなってしまったり、金具が取れてしまった場合のファスナーの交換、バッグの内側が破れてしまったり、汚れでべたべたになってしまった内袋の交換などがあります。その他に、持ち手とバッグ本体の接続部分である根革が切れてしまったり、擦り切れて破れてしまったパイピングの修理、補強などもあります。また、バッグの修理だけでなく、クリーニングも行ってくれる業者も多くあります。劣化してくたくたになってしまったり、しみなどの汚れなどに対応します。革の場合は、クリーニング後に色落ちしてしまった部分に、新たに色を加える事も可能です。スエード生地では、クリーニング後、ブラッシングや防水スプレーなどをしてくれる業者もあります。

もう直らないとあきらめていた大切なバッグも、業者に依頼すると新しく生まれ変わります。例え壊れてもも、業者に修理を依頼する事で、末永く愛用出来るのです。