ファスナーの種類

ファスナーにも色々な種類があります。使用目的に応じて使い分けたり、また、デザインや素材も豊富にあるので、好きなものを選択できます。ここでは、ファスナーの種類について、ご説明します。

ファスナーの種類には、エレメントが金属で出来ている金属ファスナー、樹脂を射出成型してエレメントにしている、ビスロンファスナー、エレメントの材質が樹脂で出来ている樹脂ファスナーなどがあります。それぞれのファスナーに特徴がある為、用途の違いで使用するものも異なります。因みにエレメントとは、引手を持ってスライドさせて開閉させスライダーを通らせる、歯のようなレールの事です。機能では、スライダーを下まで降ろしても全開しない止製品、スライダーを下まで降ろすと全開になる開製品、スライダーが上下に2つ付いて、上下から開閉出来る逆開製品、スライダーが2つ付いている止製品で、スライダーの頭と頭がくっついている事から頭合わせと呼ばれるものがあります。用途ではバッグの他に、ポーチなどの小物類や、スカートやズボン、パーカーなどの洋服、座布団カバーや布団カバーなどのカバー類など、幅広く使われています。バッグを軽量化させたい時は、ビスロンファスナーや樹脂ファスナーを使用し、バッグに重厚感を持たせたい場合は、金属ファスナーを選択するのが良いでしょう。